英文メール

【英文メール】正しい「敬称・宛先」の書き方の例文一覧

スポンサーリンク

英語メールの敬称・宛先の書き方一覧

英語メールでよく使う、失礼のない敬称・宛先の書き方をご紹介します。基本の形は「敬称+名前」です。
通常、以下のいずれかになります。

敬称
Mr.=未婚、既婚を問わず男性
Ms.=未婚、既婚と問わず女性
Mrs.=既婚の女性
Miss=未婚の女性

発音
Mr.:[mìstɚ]ミスター
Ms.:[miz]ミズ
Mrs.: 英では[misiz]ミスィズ。米では[miziz]ミズィズとも。
Miss:[mis]ミス

※ピリオドを省いても問題ありませんが、Missは省略形ではありませんので、ピリオドを付けないようにしてください。

敬称の基本パターン

敬称の基本パターンは以下になります。

  1. Dear+「ファーストネーム」,
  2. Dear+Mr./Ms./Mrs./Miss+「苗字」,
  3. Dear+ 「フルネーム」,
  4. Drar/To +「不特定の人を指す語」,

非常に親しい間柄では、Dearを付けずにファーストネームのみを書く場合もあります。3のようにフルネームで書く場合は、Mr.やMs.などの敬称をうけるのは間違いですので注意してください。

お互いの親密度が上がれば、Dear以外にHi、Helloも使います。敬称の最後には、通常「,」を付けます。

以下からはさまざまな状況に応じた敬語表現の例を上げていきます。

相手の名前、性別がわかっている場合

「スティーブ(さん)」
Steve,
「スティーブ(さん)へ」
「こんにちは、スティーブ(さん)」
Dear / Hi / Hello Steve
「バーンスティンさん/様へ」
Dear Mr.Bernstein,
「スティーブ・バーンスティンさん/様へ」
Dear Steve Bernstein,
「サラ(さん)」
Sarah.
「サラ(さん)へ」、「こんにちは、サラ(さん)」
Dear / Hi / Hello Sarah,
「パーウェルさん / 様へ」
Dear Ms, Powell,
「サラ・パーウェル様へ」
Dear Sarah Powell,

相手の名前は分かっているが性別がわからない場合

「フレディ・ロビンソン様へ」
Dear Fredi Robinson

※外国人の名前には、性別がはっきりしないものがよくあります。その場合は、Dear+「フルネーム」で対処します。
また性別だけでなく、どちらが苗字でどちらがファーストネームかわからないときも、相手が書いた署名の順番通りに、フルネームで書いておきます。

担当者の名前がわからない場合

「採用担当社様」
Dear Recruitment officer,
「営業部長様」
Dear General Sales Manager,
「マーケティング部長様」
Dear Marketing Director,

※担当者の名前がわからない場合は、このように役職名で対処します。

(例)「採用担当者様」
Dear Person in Charge of Employment,

※役職名もわからない場合は、person in charge of ~(~担当者)が使えます。

部署宛ての場合

「カスタマーサービス御中」
Dear Customer Service,
「人材開発部御中」
Dear Human Resources Development Department.

関係者各位へ送る場合

「関係各位」
To whom it may concern,

※この表現は、どの部署へ送るべきなのかわからないときに使えます。

スポンサーリンク

取引先などへ送る場合

「お取引先様」
Dear Business Partner,

特定の個人ではなくグループ宛ての場合

「お客様へ」
Dear Customers,
Dear Clients,
「ご購入の皆様へ」
Dear Purchasers
「株主様へ」
Dear Shareholders,
「納入社様へ」
Dear Suppliers,
「社員各位」「スタッフの皆様へ」
Dear Staff,
「(同僚の)皆様へ」
Dear Associates,
「新入社員各位」
Dear New Employees,
「皆様へ」
Dear All,
Dear Sir / Madam,

※Ladies and Gentleman「皆様」は、話し言葉では使われますが、書き言葉ではあまり使われません。

参考リンク

【英文メール】英語メールの主な役職名 一覧

スポンサーリンク 英語メールの主な役職名 一覧 企業によって、役職名は違いますが代表的なものを一覧にしました。 最高経営責任者 CEO(=chief executive officer) 最高執行責任者 COO(=chief operating officer) 最高財務責任者 CFO(=chief ...

続きを見る

スポンサーリンク

-英文メール

© 2024 今すぐ使えるビジネスメールの例文集