お詫びメール

【お詫びメール】部下の不手際・非礼に対するお詫びのビジネスメールの例文集

ここではコピペで使える「社員・部下の非礼・不手際に対するお詫びメールの文例・メールテンプレート」のビジネスメール(社外向けメール)をまとめました。いろいろなシチュエーションをまとめましたので、メールを書く際の参考にどうぞ。


部下の不手際・非礼に対するお詫びのビジネスメール

部下の不手際(非礼)に対するお詫びメール(Ver1)

件名:弊社社員の非礼に対するお詫び

AAA株式会社
BBB部 CCC様

いつもお世話になっております。
○○会社の○○です。

この度は弊社社員の●●が◆◆様に対し、
大変失礼な態度であった由、承りました。
心よりお詫び申し上げます。

ひとえに上司である私の監督不行き届きであり、
弁解のしようもございません。
◆◆様にご不快な思いをさせてしまいましたこと、
誠に申し訳ございませんでした。

私からも厳重に注意し、本人も深く反省しております。
なにとぞご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。
二度とこのような非礼がないよう、社員教育を周知徹底し、
努力して参る所存でございますので、
今後とも引き続きご指導、ご鞭撻を賜りますよう
重ねてお願い申し上げます。

後日改めて●●とご挨拶に伺いたいと存じますが、
とり急ぎ、メールにてお詫び申し上げます。

よろしくお願いいたします。

部下の不手際のお詫びメールの文例

件名:弊社社員の不手際へのお詫び

株式会社〇〇〇〇

営業部 課長 〇〇 〇〇 様

お世話になっております。
株式会社△△営業部の△△でございます。

昨日は弊社の▢▢が〇〇様に対して、
大変失礼な態度をとったとのこと、
心よりお詫び申し上げます。

確認を致しましたところ、
誠にこちらの不徳の致すところであり、
上司としての責任を痛感しております。

▢▢には私から厳しく指導致しました。
本人も、今後二度とこのようなことを繰り返さないと
深く反省しております。

このような不手際のないよう、
より一層徹底した社員教育を図っていく所存です。

後日、改めてお詫びに伺いたいと存じますが、
取り急ぎお詫びを申し上げます。

部下の不手際のお詫びメールの文例

件名:弊社社員の不手際へのお詫び

株式会社〇〇〇〇

営業部 課長 〇〇 〇〇 様

お世話になっております。
株式会社△△、マーケティング部の△△でございます。

先ほど、電話にてご連絡を差し上げましたが、
お留守のようでしたので、メールにて失礼いたします。

先日は弊社の▢▢に、大変失礼な言動があったとのこと、
誠に申し訳ございません。

すべて、私どもの監督不行き届きであり、
お詫びの言葉もございません。

担当の者には厳しく言い聞かせましたので、
何卒ご容赦の程、お願い申し上げます。

今後はこのような不手際のないよう、
社員のマナー向上に努めていきたいと思います。

取り急ぎお詫びを申し上げます。

-お詫びメール
-

© 2021 今すぐ使える!ビジネスメールの例文集