ビジネスメールの例文を300以上載せています。社外向け、社内向けメールやビジネスメールの書き方など、役立つテキストが満載。

コピペでOK!今すぐ使えるビジネスメールの例文集

お詫びメール 社内向けメールの文例集

お詫びメールの文例集(社内向けメール)

更新日:


ここではコピペで使える社内向けメールの「お詫びメールの例文集・メールテンプレート」のビジネスメールをまとめました。いろいろなシチュエーションごとにまとめましたので、メールを書く際の参考にどうぞ。

お詫びメール(社内向け)の書き方・マナー

まずは、社内向けのお詫びメールを書くときに心がけておきたいマナーについて解説します。以下のポイントは必ず押さえておきましょう。

上司からメールで注意された場合どうすればいい?

注意してもらったことへまずはお詫び、くわえて感謝を伝えましょう。

メールは、言葉ではなく文字で表現するツールです。そのため、クレームや注意などは口頭で言われるよりも厳しく感じることもあるかもしれません。注意されると誰しも良い気分にはなれませんが、注意する人の立場にたってみましょう。忙しいなか、わざわざメールを書く時間を割いてまで忠告をくれています。上司・先輩は、あなたの今後に期待しているからこそ、わざわざ注意のメールをくれたのだと考えましょう。
そうして、労力をかけてまで注意・指導してくれる上司や先輩について、まずは感謝の心を養ってください。メールだとキツめに感じるので、良い気持ちがしないことは確かです。ですが、そうすることで一歩も二歩も成長し、ビジネスの鉄則「WIN-WINの関係」を気づけるようになると思います。

口頭とメールでお詫びを伝えられるのが理想的

注意のメールを受信したら、まずは忙しいなか、注意をしてくれたことに対してお礼を伝えます。そして、それを書く手間をかけたことに対するお詫びを伝えます。続いて、注意を受けることになったミスに対するお詫びを伝えます。今後はこのようなことがおきないよう、再発防止策も書いておきましょう。またお詫びの場合「口頭+メール」で気持ちを伝えられると理想的です。

お詫びメール(社内向け)の文例集

つづいては、お詫びメールの文例集をご紹介します。該当する項目を見て、お詫びの気持ちを伝える際の参考にしてください。



お詫びメール(上司あて) │社内向け

件名:本日はご足労をおかけしました

◯◯課長

お疲れ様です。◯◯です。

このたびは大変ご多忙のなか、私への忠告メールを書いてくださり
誠にありがとうございます。

またこのようなお時間を取らせてしまったことを、
心よりお詫び申し上げます。申し訳ありません。

今回ご指摘をくださった内容につきましては、
すべて私のミスでございます。
大変申し訳ございませんでした。

今後はこのようなミスをしないよう、
意識を仕事に集中いたします。

また課長や会社にご迷惑をおかけしないよう
努力いたしますので、どうか今後ともご指導のほど、
よろしくお願い申し上げます。

お詫びメール(上司あて) │社内向け

件名:本日はご足労をおかけしました

◯◯部長

お疲れ様です。◯◯です。

このたびは私の対応が不十分でトラブルを招くことになり、
部長にはご迷惑をおかけしました。

幸い、先方も事情をご理解くださり事なきを得ることができました。
本当にありがとうございます。

今後はこのようなミスがないよう気を引き締めて対応して参りますので
引き続きご指導のほど、お願いいたします。

よろしくお願いいたします。

-お詫びメール, 社内向けメールの文例集
-

Copyright© コピペでOK!今すぐ使えるビジネスメールの例文集 , 2019 All Rights Reserved.