メールの書き方

断りにくい誘いを上手に断るメール表現って?

投稿日:


断りにくい誘いを上手に断るにはどうしたらいいのでしょうか?ここではコツをまとめました。


断りにくい誘いを上手に断るには?

クエスチョン

ビジネスでは断りにくい誘いを受けたとき、うまく断るにはどう表現したらいいのでしょうか?

アンサー

「いけません」「いやです」など、相手の反感を買う言葉を避け、きちんと言葉を尽くして理由を述べるようにします。

基本文例

基本文例
お誘いいただき、ありがとうございます。あいにく、その日は既に予定が入っており、参加することができません。残念ですが、次回はぜひご一緒させてください。

ポイント1「すみません」より「ありがとう」と返信すると好印象を与えます。

ポイント2「あいにく」「残念ですが」など、緩衝材になる言葉を添えると、文章が和らぎます。

ポイント3「次回はぜひご一緒させてください」とフォローの一言を添えると、今回は出席できない残念な気持ちと次回は参加したいと言う意思が伝わります。

NGフレーズ

すみませんが、その日はちょっと。

断る理由がはっきりせず、曖昧な印象与える一文です。

都合で出席できません。

ストレートすぎて、そっけない印象を与えます。

応用フレーズ

お声をかけていただき、ありがとうございます。今日はあいにく友人と約束があり、ご一緒することができず残念です。

緩衝材になる言葉「あいにく」、感情を表す「残念です」を入れることで、文章全体が和らいだ印象になります。

ありがとうございます。せっかくのお話なのですが、あいにく現在、仕事が立て込んでおり、時間が取れそうにありません。

断る理由を述べる前に「せっかくのお話なのですが、あいにく」と添えると、断り方として丁寧です。

ぜひ、ご一緒したいのですが、今日は○○の件で変更が難しい状況です。せっかく声をかけていただいたのに、残念です。

「参加できません」「いけません」より「〜が難しい状況です」の方が断り方としてはスマート。「残念です」で最後を結ぶことで、気持ちを伝えます。

ポイント

「すみません」より「ありがとう」を
「ありがとうございます」と言われて嫌な気持ちになる人はまずいません。文を「ありがとうございます」から始めることで、メール全体が肯定的、前向きな印象になります。
一方、「すみません」は謝る時以外にも色々と使える便利な言葉ですが、正式な謝罪の言葉は「申し訳ございません」。「すみません」で始まるメールは、後に続く文章もネガティブな印象与えやすいものです。
断る場合も「ありがとうございます」を効果的にメールに挿入することが、好印象を与えるメールにするコツです。

誘いの断りメールの文例集

つづいては、誘いのお断りメールの文例集をご紹介します。該当する項目を見て、お誘いを断るメールを書く場合の参考にしてください。

誘いの断りメールの文例集(社外向け)

ここではコピペで使える「誘いのお断りメールの例文集・メールテンプレート」のビジネスメール(社外向けメール)をまとめました。交流会や懇親会の誘い、飲み会・宴会を欠席するなど、誘いを断る場合のメール例文を ...

続きを見る

-メールの書き方

Copyright© コピペでOK!今すぐ使えるビジネスメールの例文集 , 2019 All Rights Reserved.